会社まで二駅手前から歩いて通勤している意外な訳。

      2016/09/10


こんにちわ  ぜち です。

 

今日は日曜日であるが、今までだっら、とあるポッドキャスターのLive放送があったのでだけど、ここのところ、毎週ではなく不定期になってしまったので、ブログ書く事にした。

 歩く時間はどれくらいか。

自分はいつも会社に行く時は、2つ手前の駅で降りて、歩く事にしている。

最初の頃は、健康の為とか、健康診断でメタボだと指摘されたので、2つ手前から歩く事にしたのだった。

 

2つ手前だと、結構ありそうに思われるが、会社が駅と駅の間にある為に、一つ手前の駅から歩いても20分弱かかるのだが、2つ手前でも徒歩30分位なので、それなりの運動量にはなると思って2つ手前から歩く事にした。

 

正確には、一つ半かな。会社は駅と駅の真ん中辺りにあるのが、一つ手前だと駅から徒歩20分位で、いつも降りる駅は徒歩12~3分位なので、会社を通り過ぎて戻る様に歩くのだが、歩く距離が短いから、疲れて帰る退勤時は楽だ。

 

だから、手前の駅のもう一個手前の駅だから、歩いて30分位だろうか。

 

最初の頃は、健康の為とかの大義名分があり、早足で歩いたりしたものだが、思った程体重も減らなかった。

それでも、歩く体力を維持させる為にも、ずっと歩いていた。

 

折角、習慣にしたのだから、途中で辞めるのも、自分プライドが許さない(誰に対して?)ので未だに続いていいる。

 

歩きラジオは最高

 

最初の頃は只歩いていても暇なので、ラジオを聞きながら歩いていた。

 

車で出張に行く時はいつも聞いていた番組だったので、馴染みがあるのだ。

ただし、ラジオだと録音とか出来ないし(録音出来るラジオもある)会社に着いたら、面白い内容であっても途中で止めなければいけないから、ちょっとモヤモヤ感が残っていたんだ。

 

そのうちに、iPod touchを買ってからは、Appleが提供している、Podcast(ポッドキャスト)というラジオ配信サービスがある事を知り、それを聴きながら歩くようになった。

 

ラジオと言っても、一般のユーザーが自分で作った放送番組を制作して配信するというサービスだ。

無料のサービスだが、色々な趣味の人が、各々自由な形で番組を作り、聴く人も趣味に合わせてダウンロードして好きな時間に聴けるのが売りだ。

 

有料のサービスではないので、CMもなく、それぞれ個性的な番組があり、その気になれば誰でも配信出来るサービスだ。

毎日、会社の通勤時に聴いているので、それが一種の楽しみでもある。

 

朝、2個手前の駅から歩くのも、実はPodcastを少しでも長く聴きたい(消化したい?)という理由もある。

よく、2個手前の駅から歩いていると言うと皆びっくりして、なんでー?健康の為?とか聞かれるのだが、健康の為というのもなんだか保守的な感じがして嫌なので、最近はラジオを聴くた為に歩いているんだよという事にしている。

 Podcastを聴いてみよう!

Podcastを聴いていると言っても、えっ何それ! て言われて、殆どの人は知らないのだ。

なんと今まで知っていると言う人に出会った事がない!それくらいマイナーなサービスだが、そこはApple、ずっと止めずにサービスを継続している。

 

自分の知り合いでは、たった一人だけPodcastを知っている人がいる。

その人も、なんと、とあるPodcastのイベントがあって知り合った人だから、ちょっと違うかもしれないが。

 

自分が聴いているのは、Apple系の番組だったり、iphoneやガジェット系、科学系や、雑学系など、歴史系など結構聴いているが、それらを毎日消化するのも大変だったりするが、やはり聴いている時間は楽しい。

 

プロではない、素人っていうところがいいんだろうなぁ。

自分もやりたいと思うけど、話し下手なので、まぁ無理だろうなぁ。

 

という事で暇つぶしの相手にPodcastはいかがでしょうか。

 

という事で、お終い!

 - 生活