豊洲市場のコンクリート空間の水溜りは異常だ

   

 

こんにちわ ぜち です。

 

何故、盛土問題が発覚したのか。

最近、何かと問題になっている豊洲市場の盛り土問題。

これだけの大きな問題が、小池都知事になってから当然降って沸いたかのように発覚してしまった感があるが、果たしてそうだろうか?

 

前舛添知事の時は、恐らく自分の私的流用問題で、とても、豊洲市場の事迄手が回らなかっただろう。

最終水質検査を待たずに移転する事が決定していたから、あのまま、自身の問題が無ければ、順調に移転が進んでいたと思われるが、そうだろうか。

 

これだけの問題が、完成迄誰も気が付かないのはありえない話なので、恐らくこれに関わった市場関係者、都の官僚、設計事務所、建設会社など、いつ問題になるかと戦々恐々としていたのではないだろうか。

 

前知事が移転時期を決定した推進派だったろうから、あのまま何事も無ければ、順調に移転が進んでいたはすなのに、私的流用問題がどんどん大きくなるにつれて、段々と責任問題にまで発展するつれて、盛土問題が暴かれるのは時間の問題だと思っていた違いないと思う。

 

小池知事になってから、いきなり盛土問題が発覚したっていうのも、どうも考えにくい。

何故、小池都知事はいきなり移転計画を延期したのか。

確かに、最終水質検査が完了する前に移転するのも変な話なので、そういった意見を取り入れた結果かもしれない。

これまでにも、水質検査を9回やって問題がないから、最終検査を待たなくてもいいだろうという事なのだろう。

そこには、少しでも早く移転して、既成事実を作ってしまえば、後戻りは出来ないだろうという、何やらきな臭い物が見え隠れしているようだ。

 

恐らく、内部告発者か、あるいは、現場の作業者などが都のホームページの土壌汚染対策の資料を見て、現場でやっている工事内容との違いに疑問をもっていて、口コミ的に話が広がっていって移転反対派の耳に入り、その内容から小池都知事は改めて、移転の見直しを決めたのではないだろうか。

 

単なる、最終水質検査が完了する迄、移転はしないという考えはあったかもしれないが、それだけではない大きな問題がある事を承知していたからだろう。

 

あのコンクリートの空洞空間は何のためか?

 

当時の元石原都知事のインタビューでは、盛土をする対策方法の他に、コンクリートで作ったコンクリート空間を作る方法もあるらしいので、検討する様にと指示はしたらしいが、検討した結果、費用が相当膨らむので、立ち消えになったとの事だ。

 

なのに、何故、費用が膨らむコンクリートの空洞空間にする工法にすり替わったのか。

都のHPにあるパンフレットによると、あの盛土は、汚染された土壌を洗浄処理によって有害物質を除去してから、又埋め戻すらしい。

 

単に土を埋めるだけではないので、洗浄処理にも費用がかかるし、それに液状化対策や、地下水を管理する為の井戸も設置するとあるが、その部分の絵は調査中となっており、詳細は分からない。

 

なんだか、コンクリートの空洞空間にしたほうが逆に安くあがるのではと思われてしまう。

そうなれば、盛土から工法を変えたのも利権がらみという事で納得がいく、いや納得してはいけないのだ。

 

コンクリート空間に水が溜まっているの手抜き工事ではないか?

 

ただ、自分が地下空間にの視察に入った映像を見て驚愕した。

当然、水が溜まっているのが問題なのだが、その水が汚染されているかどうか以前に、コンクリートで作った器なのに、なんで水が溜まっているんだろうか

 

外構工事がまだ終わってとか、大雨が続いたからだと言い訳をしているらいしいが、そもそも水が外部から侵入する事が異常だと思う。

 

仮に水が溜まったとしても、排水設備もないようだった。

 

あんなに水が溜まるというのは、コンクリートの防水処置をしていないとか天井部分の防水処理が施されていないとか、あるいは結露防止処置をしていないとか、明らかに手抜きではないかと思う。

 

施工主から指摘の対象になり、検査落ちになるのは間違いないと思うのだが、何故かニュースでは一切そこには触れないのはなぜだろう。

 

考えても見てほしい、自分の家の床下がコンクリート空間になっていて、あんなに水が溜まっていたらどうなるだろう。

 

常に床が湿っぽくなり、カビの原因や、フローリングや畳が湿気で駄目になってしまう。

当然、溜まった水は雑菌が繁殖して異臭を放ったり、衛生面でも問題がある。

そんな家に誰が住みたいだろうか。

 

新鮮な魚や肉や食品が取引されている床下は、腐った水が充満しているなんて分かったら誰が買うだろうか。

一番衛生に気をつけなければ行けない場所が一番汚い場所に建っている事になるんだ。

土壌汚染よりももっと深刻じゃないだろうか。

 

この一連の問題に関わった全ての関係者も、その不衛生かもしれない豊洲市場で取引された食品を自分自身が日々、口にする事になると分かっていれば、こんな事にならなかっただろうと思うのだが、後の祭りだね。

 

まとめ

 

今後、どうするのか。

責任問題を追求する事も必要だが、犯人探しをしたところで、問題が解決する訳ではないだろう。

 

自分は考えたのは以下の通りだ。

 

⑴ 全ての建物を壊して新たに盛土からやり直す。

⑵ コンクリート空間の水を抜いて洗浄し、コンクリートを厚くしたり防水処置を強化したり、結露対策、排水対策を施す。

  費用は、手抜き工事をしたと分かった建設会社にも負担をしてもらう。

⑶ 何もしないで、このまま強行する。

⑷ 移転は止める

 

⑴は現実的ではないだろう、費用がかかり過ぎて都民の賛同を得られない。

⑵が一番現実的だが、追加費用と、かなりしっかりとした対策方法でないと理解を得られない。

⑶これもあり得ないかな。

⑷結論が出るまで無期延期となるかも。

 

もうオリンピックに間に合わないという議論では済まされないと思う。

 

 - 生活