読書をして気付かされた,ブログの書く時の表現方法

      2017/02/07

こんにちわ ぜち です。

とりあえずブログを書き続けると決めて、まだ一ヶ月にもみたないが、未だにブログのトップページは未完成のままだし、プロフィールまだ付けていない状況だが、今実践している事を書いてみよう。

ブログを書くという行為に慣れて、習慣化する事が先決だと思い、とにかく書き続けているが、改めて自分の文才のなさというか、表現力の乏しさに、毎日、赤面しながら書いている。

とにかく、習慣化する為に、日々、通勤時間帯での今日書くネタを探したり、出かけた時は、ちょっとした変わった出来事があれば、忘れないようにメモを取ったりしている。

以前は、ちょっとした出来事があっても、家に買える頃には忘れてしまっていたりしたが、最近は、ちょっと変わった事や、気になった事があれば、忘れないようにiPhoneでメモするようにしている。

とりあえずiPhoneにメモしておけば、どのiPhoneやiPadでも同期して常に呼び出せるので、忘れる事がない。

見るのを忘れてしまっては、どうにもならないけどね。

備忘録的なアプリはたくさんあるが、やはり簡単に同期してくれる標準のメモアプリが一番良い。

会社にいると、殆どネタがないので、そんな時は、ずっと書きたいと言うか伝えたいお題目がメモに取ってあるので、そこから選んで書くようにしている。

出張とかで、外に出かけると、なんとなくネタに出くわすチャンスがあり、大体夕方位には書くネタが決まって来る様に思う。

いずれにしても、書く事が楽しくしたいと思うのだが、頭から文字として引き出すプロセスが大変かな。

文章構成を考えないといけないのだが、それを考えていると文字が出て来ないので、とにかく脈略が無いと思いつつも出て来た文字を出力する練習をしているのだ。

練習なら、ブログで公にするなと言われそうであるが、誰かに見られているかも知れないという緊張感というか恍惚感みたいなものがあるから、それが書き慣れる事に事につながっていかないかなぁと思っている。

よく、相手に話しを聞いてもらうよう言葉で書くとか、語りかけるような口調で書くとか、思いつくままに書けばよいとか言われているが、それは、やはり初心者時代を経験したから言える事であって、まさに初心者の絶頂期にある自分にとっては、簡単な事ではない。

ここ2~3日前から友人に勧められた本を読んでいる。

本を読むなんて本当に久しぶりだが、今までは本を読んで楽しむとういう事しかしていなかったが、文章の書き方に興味が湧いて読むようになったのは驚きだった。

心の中の表現方法だったり、語尾の使い方とか、違う視点で本を読む様になったと思う。

ただ、ムヤミに書くよりも、本を読んで表現方法を学ぶというのも良いのかもしれないと実感させられた。

これからは書く事は勿論だが、本も沢山読んで書く力をつけて行きたいと思う、今日この頃でした。

 - ブログ奮戦記