トイレの水漏れ修理で73,440円!! ボッタクられた!

   

 

こんにちわ ぜち です。

 

トイレの水漏れ修理

 

今回ちょっと憤慨してしまった。

週末、家に帰って来たら、奥さんが、ずっと気になっていたトイレの水漏れを修理してもらったんだけど、73,000円位なんだけど、、、。

「え~~~~~~なんでそんなに高いんだ?」

奥さん

「黒いボールがボロボロだし、真ん中の棒が折れているし(多分サイフォンの事だろ)、浮き輪の棒も?も折れているし、古いから交換しなければいけない、、、、」と高くなる言い訳を言われて、僕に同意を求めようとしたが、そんなレベルでは無い。

 

うちの奥さんはしっかりしているほうだと思ったけど、いともあっさり承諾してしまったらしい。

チョロチョロと漏れてるだけで緊急性もないから、その場で断ればいいものを、次にいつ来れるか分からないって言われそうだし、水道代も高いでしょう?て言われて納得したらしいけど、そもそも今日電話して、その日に来たんだから、今度いつ来れるか分からないなんて事ないだろうって思うんだけどね。

 

僕はトイレの水漏れには気づいてなかったんだけど、うちの奥さんはずっと気になっていたらしい。

実は水漏れは9年程前にもあって、その時はボールを買って来て自分で直した経緯があるので、すかっり治ったものとして、気に止めてなかったのだ。

 

一言、僕に言ってくれれば、点検して自分で直したのに、ホント悔やしいよ。

 

修理明細は以下の通り。

 

  1. 基本料金(調査費を含む)            5,000
  2. サイホン管交換作業費(ロータンク脱着)  17,000
  3. ボールタップ交換作業費            9,000
  4. 材料費(サイホン管、ボールタップ)         12,900
  5. 排水弁交換作業費              8,000
  6. 密結パッキン交換作業費           8,000
  7. 給水部パッキン交換作業費  2個     8,000
  8. 諸経費、雑費、養生作業          4,000
  9. 広告値引き                 ▲3,900
  10. 小計                                 68,000
  11. 消費税           8%             5,440
  12. 合計            73,440

 

という感じだ。

この中で納得が行かないのは、

  1. サイホン管を交換する為にロータンクを脱着しており、その為には、給水部や密結パッキン等は全て外す必要があるのに各々作業費を計上している事。
  2. サイホン管と排水弁は一緒の部品のはずなのに、別々の作業費を計上している事。
  3. ボールタップとサイホン管は既設の物とは別の商品だから、当然一体での交換となるのに、各々別の作業費をとっている事。
  4. 養生作業と称して作業費を計上している事、通常、室内での作業は養生は必須の作業で、通常作業の中に当然含まれるべきであり、改めて計上するのはおかしい。

この修理会社のホームページを見ると、基本料5,000円+作業費+交換部品代 となっており、この作業費は複数含まれますとは一言も書いてないのだ。

 

明らかに作業費を重複して計上しており、典型的な積み上げ方式の請求だ。

自分も、メーカの修理屋のハシクレなので、明細を見れば見るほどおかしところが多い。

明細たくさん書けばお金を取りやすいだろうという魂胆が見え見えなのだ。

 

なんとか返金させたい

なんとか返金出来ないものかと、色々調べてみた。

会社に電話して返金を迫ってみても駄目なら、消費者センターに通報すると言えばなんとか、なるかなぁと思ったりしたが、大半は泣き寝入りか、勉強代と思って諦めた書き込みが多かった。

 

中には、裁判を起こして返金してもらった強者の書き込みもあったが、さすがにそこ迄はする気はなれないよね。

色々と面倒だし。

 

作業明細書の裏には、クーリングオフの案内もあったが、修理として完了しているのでそのものには効かないが、故障原因以外の作業については、効力があるらしい事が分かった。

 

どうやって攻めようかと思っていたが、とある書き込みで、作業員と直接交渉して値引させた人がいたので、その線で行こうと思った。

 

結局、翌朝は土曜日だったので、ダメ元でコールセンターに電話してみた。

コールセンターは普通に繋がって、土曜日だったせいか男性のオペレータだった。

作業員から直接電話させるので、話をしてみてくれとの事だった。

 

値引き交渉成功~

 

これは何とかなりそうだなと思って、散々クレームを言った。

自分も修理屋のはしくれではあるので、素人では無い事を分かってもらったので、押せば値引きに応じてくれそうだったので、言いたい事言って、最後は半額にしてもらった。

 

それでも高いとは言ったけど、これ以上ゴネると、逆に突っぱねさせられそうだったし、こちらにも多少の落ち度はあったので、それで手をうった。

 

半額でも高いと言ったら、不満そうだったけど、どうやら、高額請求に慣れてしまって感覚が麻痺しているようだ。

恐らく、作業員は委託業者だから、会社のノルマとピンはねがキツくて高額請求に走らざるをえないのが実情ではないだろうか。

 

自分は一部上場企業のメーカーのサービスマンだけど、一日の作業料が56,000円だから高々2時間位の作業で73,000円は絶対あり得ない!て言ったら流石に引いたようだ。

 

返金は、銀行振り込みだとの事だったが、クレジット決済だった為、クレジット入金後の処理だから、返金は8月になると言われたが、これはしょうがないよね。

 

高額被害にあわない為に

 

どうやら、この会社はボッタクリで有名らしく、数あるマグネット広告も元の会社は皆殆ど同じらしい。

会社がテレビやマグネット広告等で費用がかかるから、どうしても高くなるようだ。

 

被害に会わない為には、地元の水道局に電話して地元の水道屋さんを紹介しもらうのが一番いいとのことだった。

 

という事でお終い!

 - 雑記帳