駐輪場の空きを探すのが大変、、、

   

こんにちわ ぜち です。

 

2018年明けましておめでとうございます。

最近、あまりブログを上げれていないが、少しスランプになっているみたいだ。

今年は頑張ってブログを上げれるように頑張ろうと思う。

 

今回は、日頃利用している駐輪場の話をしょう。

 

いつも満杯の訳

 

土曜日になると、ほぼ毎週の様にピアノのレッスンに通っているのだが、終わった後に午後のティータイムと称して駅の近くのパン屋に行っている。

 

その時に、駅に一番近い駐輪場に自転車を止めるのだが、大概いつも満車になっているのだ。

時間帯が昼過ぎというものあり、一番混む時間帯であるかもしれない。

 

その混む時間帯になると、満車の表示と共にカラーコーンが置いてあり、シニアであろうと思われる管理人のおじさんが立っていたりする。

空いてれば、そのまま入庫すればいいのだが、空いてないと、しばらく待っていったりする。

 

まれに、その管理人のおじさんが、見兼ねて「置いとけば、いれておいてあげるよ」って言われる。

 

何故、待っているかというと、そこの駐輪場だけは、最初の一時間が無料なのだ。

その後は5時間で100円だけど、離れた駐輪場は10時間で100円なので、短時間の駐車ならこっちの方がお得だ。

 

そして何よりも駅に上がる階段のすぐ近くだから便利がいい。

他の駐輪場は駅から少し離れてる上に、最初から料金が加算されるので、何かと便利がいい。

 

だから急いでなかったら、空きが出る迄、精算機の前で待っている事にしている。

 

空きが探しにくい訳

 

そこでいつもいつも気になるのだが、駐輪の列が何列もあって、空いてる列を探すのに苦労する事だ。

何処の列に空いてるとこがあるかを探している間に、後から来た人に別の空いてる場所に入れられてしまって悔しい思いをしたことが何回もある。

 

空きを探すのは、ある程度列の中に入らないと分からないので、列ごとに空いてるかどうかのランプがあれば、探さなくても、すぐに空きがわかり、探してる間に後から来た人に先を越されて悔しい思いをしなくて済むのに。

 

それだけ設備にお金がかかるのも分かるんだけどね。

何故そうしないのかな、、

請負の業者さん、提案すれば受注間違いないかもね。

 

という事で、簡単だが、ひさびさの投稿でした。 お終い。

 - 雑記帳