ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの前夜祭に参加してきた

      2017/01/11

5/3から始まるラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの前夜祭に参加する為に、電車に乗っって行ったが電車の中は早くもエアコンが効いていて寒かった。

 

今年の曲目は惑星ジュピター。

歌詞はよく知っている曲だったので、歌えるかなぁと思って行ってきた。

 

YouTubeで去年迄の雰囲気は分かっていたけど、予想以上に楽器を持ち込んでる人が多かった。

ありとあらゆる楽器が勢ぞろいしていて壮観だった。

 

勿論、電源がないからアコースティックに限られるけどね。

皆、本当に演奏するのが好きなんだね。

 

この日の為に、一所懸命練習してきたんだろう。皆、開演直前まで練習してた。

自分は、まさかピアノを持ち込む訳にいかないので、歌での参加。

 

ピアノがあっても、多分弾けないが、、。

 

カラオケと違ってやっぱりスケール感が違う!

 

一体感と言うか、別に誰かに聴かせる訳じゃないけど、その場にいる見知らぬ人と一緒に参加していると言う連帯感、生演奏の元で唄うリアル感と言うのだろうか。

 

共有出来る感動を皆で味わっている様な、、これが音楽をやるという醍醐味なんだろうなぁ。

正に言葉通り音を楽しむって事なんだろう。

 

言葉のボキャブラリーが少ないので、中々表現が難しいなぁ。

 

来年も来たいなぁ。

 

って言うか本気で年末の第9を歌いたくなって来た。

いつの日か、歓喜の歌を歌えるようにどうにかしたい!。

 - 雑記帳