有料道路が通行止めになった衝撃的な原因。

      2017/01/05

こんにちわ ぜち です。

今日も道路ネタです。

 

というのも、小田原に行く為に、小田原厚木道路に乗ったところ小田原西と東の間だったかな、上下線共に通行止めになっていて、緊急工事かと思っていたら、なんと爆発物の処理で通行止めになっていたらしいのだ。

 

小田原厚木道路の下を流れる酒匂川(さかわがわ)の河川敷でプラスチックの箱にはリード線がつなげられた、時計やガスボンベの様な物が入っていたらしく、付近を清掃していた人が発見して通報したんだって。

 

いかにもテレビや映画で見るような、手作りの時限爆弾と同じ様に見えたのでしょうね。

爆発物処理班まで出動して、付近一体に避難命令が出ての処理だったらしい。

 

本当に爆発物だったかは、報道されていないので分からないけど、そのまま知らずに通っていたらと思うとゾッとする。

 

普段なら、交通事故で上下線が通行止めになったのかなぁ、位しか考えないが、実は他に小田原に向かっていた人が、通行止めの渋滞にはまり、予定の時間に付くかどうか分からないと会社に連絡を入れた事で、ネットを調べたら、爆破物処理の騒ぎになっていると分ったのだ。ビックリだったなぁ。

 

自分はまだ、ずっと手前だったので、そんな事情ならと途中で有料道路を降りて別のルートで行くことにした。

 

案の定、迂回の車で渋滞していたが、ニュースでは既に通行止めが解除されていると流れていたが、既に遅しで、そのまま迂回ルートで無事、予定時間前には到着する事が出来た。

 

小田原行く前に海老名に寄っていたんだが、橋の上で交通事故でもないのにパトカーとか消防車が止まっていて渋滞していたんだ。

なんか橋を下を点検しているような感じだったから、それとも関連があったのかもしれない。

 

爆発物処理班が出動したが、安全は確認されたという事だったが、果たして何だったんだろうか。

詳しい事後説明がないから、分からないが、今後、これを真似た愉快犯が出そうだな。

 

でも、本当に爆発物だったとしたら、怖いよねぇ。

 

混乱を避ける為にあえて、安全を確認したから通行止めを解除した、としか伝えられていないが、実は本当の爆発物で、青か赤のどちらかのリード線を切ってギリギリにタイマーを止める、みたいな映画さながらのシーンがあったりして、、まぁ勘ぐり過ぎでしょうが。

 

という事で何事もなくて良かったです。

 - 雑記帳