館林の由来や、観光地等

      2016/10/02

こんにちわ ぜち です。

 

先週、群馬県の館林に行って来たので、館林の由来を調べてみた。

 

昔は「立野ヶ原」と呼ばれており、「立野」「立林」と呼ばれていた事から「館林」となったらしい。

意外と単純だった(失礼)

 

館林は何十回と行っているが、由来など調べた事もなかった。

ここは、ツツジで有名な公園があったり、鯉のぼりを上げる場所がたくさんあって時期が来ると、公園の池の上に沢山の鯉のぼりを掲げている。

 

ツツジが咲く春は、道路が渋滞する程の混雑ぶりだ。

 

宇宙飛行士の向井千秋さんの出生の地でもあるので、つつじヶ丘公園には記念館もあるのだ。

皇后陛下美智子さんの実家、正田醤油があることでも有名だね。

館林の有名人は他にもいるだろうが、こんなところかな。

 

タヌキが化けて人を騙す、分福(ぶんぶく)茶釜の昔話しで有名な茂林寺がある事でも、知られている。

 

自分が知っている館林は、こんなところなので、短いが、今日の所はこれでお終い。

 

 - 雑記帳