昨今の北街道のホテルと飛行機事情!

   

こんにちわ ぜち です。

 

ここのところ、期末という事もあって、あっちこっち出張があって、ブログもご無沙汰だった。

 

今回は、ひさびさに北海道に行ったのだが、色々とあったのでその事について書こうと思う。

 

まずホテルが高い。

 

急に千歳に一泊で出張に行く事になったのだが、とにかくホテルが高い。

 

会社の規定では、朝食込で\9,000円迄なのだが、それで泊まれるのは、外国人旅行客が泊まる様なゲストハウスか、車で一時間位行ったところの民宿とか、そんなのしかなかった。

 

結局、上司の許可を得て、\17,000円近いホテルを予約した。

 

急だった事もあるが、ここ数年は中国の爆買い旅行の影響か、都市部を中心にホテルが取りにくい状況が続いていた。

 

特に大阪は、中心部のホテルは軒並み予約が難しかったが、今年になってからは、都市部よりも、段々と周辺地域に移動した感があるのだ。

 

中心部の一時の予約の困難さや、宿泊費の高騰はおさまったが、今度は地方都市部に旅行者の波が移ったせいなのか、北街道の札幌や千歳辺りはホテル代が高騰してるのだ。

 

それで、泊まったホテルがどんな感じかというと、名前とは裏腹に普通のビジネスホテルと何ら変わらないのだが、部屋に入ってビックリ、なんとベットが3つあるトリプルの部屋だった。

 

普通の良心的なホテルというか、閑散期であれば、ダブルでもトリプルでも大体シングルユースの料金設定をするはずなんだけど、そこは、強気というか足元を見てるというのか、通常の三人分料金をしっかり取るという事だ。

 

悔しいが、どのホテルも皆同じなので、泊まるしかないんだよねぇ。

平日でも、シーズン並のお客が来てるって事だね。

 

街はそんなに、賑わっている感じはしないんだけど、空港が近いせいもあるかもしれない。

 

いずれにしても、仕事なので会社のお金で泊まるからいいんだけどね。なんとなく罪悪感が否めないのは貧乏性って事だね。

 

飛行機の混み方が変だ。

 

飛行機も混んでいるからと言われたので、JALの予約ページに行くと、昼間の便は殆どが満席で、早朝の便か夜遅い便か、スーパシートしか空いてないのだ。

 

当然、会社は特段の理由が無ければスーパシートは認めてくれないので、早朝の便で行くしかないかと諦めていたのだが、試しにANAの予約を見たらなんと、殆ど便で空きがあるんだよね~。

 

もう、速攻で都合の良い便を予約したけどね。

 

なんだろこの違いは。確かになるべくJALを使うようにって会社のお達しはあるから、JALから探したんだけど、JALってどうも好きじゃないんだよね。

 

親方日の丸よろしく、役人根性の放漫経営で一度倒産してるからね。

 

国の援助やら、銀行の援助やらで、奇跡のV字回復とか言われているけど、元々の経営陣が駄目だったんだから奇跡でもなんでもないんだと思う。

 

それもあってかどうか知らないが、なるべくJALを利用して下さいとか言ってるけど、もうそんなに甘やかさなくてもいいと思うのは自だけだろうか。

 

それとも、会社にバックマージンとか入るんだろうか。

だから、他の会社もJALを優先的に使うから、予約がいっぱいなのかもしれない。

 

株価もJALとANAでは、比較にならない程、JALの方が高いんだよねぇ。

だからANAを、もうちょっとなんとか応援したいという気持ちになるんだよねぇ。

 

なんと言っても、CA(キャビンアテンダント)の質がANAの方がいいと思っているのは、自分だけだろうか。

昔から言われていたんだけどね。

 

結局、帰りもJALはいっぱいだったのでANAで帰ってきた。

 

という事で、昨今の地方のホテルと飛行機の予約事情でした。

 

お終い!

 

 

 

 

 - 雑記帳