Evernote無料版の端末制限を補完する方法

   

こんにちわ ぜち です。

 

今週初めは2日連続で徹夜で仕事をして、昼間は寝ると言う生活をしていたお陰で、曜日の感覚が遅くなって来た。

なんだか1日が48時間ある感覚があって今日はまだ火曜みたいな感じ、実際は木曜日なんだけどね。

 

ブログも結局、更新出来ないまま、今日まで来てしまった。

ブログを書く時は何処でも、どの端末からでも書けるから便利と思ってEvernoteで下書きをして、windows live WriterにコピーしてUPするんだけど、どうもEvernoteの調子が悪いなぁと感じた。

 

Surface3で書いてのが、iPhoneに反映されてなくておかしいなぁと思ってたら、色々なネットニュースでEvernoteの制限なんたらかんたらと出ているので、よーく読んでみると「7/1から無料版は端末が2台迄に制限します」という内容だった。

 

今まで、無料版でも端末は無制限だったのに、これからは登録した2台しか出来なくなってしまった。

Evernoteの不穏な噂は去年あたりから囁かれていたが、いよいよ売上高の伸び悩みで、半ば強制的に無料ユーザーが有料ユーザーに導く様に制限をかけ始めたようだ。

 

無料の恩恵に預かっておりながら、あまり偉そうな事は言えないのだが、そもそも、有料にするメリットがあまり感じられないんだよね。

 

機能も、フルで使っている訳ではなく、そもそも、iPhone・Android(使っていないが)・windows・Macとプラットフォームを超えて、メモを共有出来る所が良かったので、基本的な機能さえ使えれば問題はなかった。

 

そもそも有料にすると、何が違うのか分からなかったが、どうやら1ヶ月にアップロードする容量が違うようだ。

総容量の事だとばかり、ずっと思っていて、いつも使用容量が増えないなぁと思っていたら、月間のアップロード容量の事だったんだね。

 

今頃分かったなんて、いかに使っていなかったって事だよね。

 

1ヶ月アップロードする容量は以下の通り。

無料版   60MB

プラス   1GB

プレミアム 10GB

 

その他に、PDFに矢印や図形などの注釈を追加出来たり、名刺を管理したいとか色々あるようだ。

今の所テキストでしか入力していないので、60MBの容量でも、そんなに困る事もないのだが、画像や添付ファイルを使うとあっという間になくなるんだろうなぁ。

 

で、話は違う方に行ったけど、そもそも2台に端末の制限がかかってしまったけど、それを回避する方法を探したら、簡単に見つかった。

共有機能を使えば、他のアカウントでも同じ様に閲覧・編集が可能になる機能を利用したのだ。

 

早速、新しいアカウントを作成し、以下の手順で簡単に設定が出来た。

メインアカウント

  1. 共有したいノートブックを選択して、右上の吹き出しの矢印をクリックする。
  2. 共有したいメールアドレスの入力をする。
  3. 使用する端末制限の設定を行なう。

サブアカウント

  1. サブアカウント宛に共有確認のメールが届くので、本文の中をタップする。
  2. 新たに作ったサブアカウントでEvernoteにログインし直す。
  3. 起動すると、共有されたノートブックがダウンロードされる。

とまぁ、簡単に書けば、こんな感じ。

 

後は、今まで通り、新規作成や編集をすれば、無制限の時と同じように使えるようになる。

これで4台まで共有出来るし、もっと増やしたければ、さらに新規アカウントを取得すれば良い。

 

自分は一応、会社も含めて6台迄共有が出来る様にした。

これで、なんとか同じ環境に持っていけたが、これが知れ渡ると、無料アカウントが一気に増えて、思った程の有料化にはならないのではないかと思う。

 

又、次は何か別の手を考えて来るよう気はする。

それほど、Evernoteは切羽詰まっているようだが、取り敢えずは、これで凌げるだろう。

 

そもそも無料版で使うのはライトユーザーだから、有料にしてまで使う事はないかもしれない。

自分も今の所は、テキストでしか使っていないが、これから、画像とか多様する様な使い方になれば、ひょっとしたら有料に踏切る事があるかもしれない。

それまでは、この方法で頑張ろう。

 

という事で、お終い!

 - パソコン・ガジェット関係