iphone6SをiOS10にUPしたらMessageがフリーズする

   

こんにちわ ぜち です。

 

今回はiPhoneネタで行こうと思う。

 

Appleのサポートの対応が素晴らしい。

 

iPhone6PlusをiOS10にUPしたのだけど、なんだか、色々不具合が出てしまった為にとても自分では解決出来そうもなかったので、Appleサポートに頼る事にした。

 

出た不具合は以下の通り。

1.  Messageアプリが起動しなかったり、フリーズしてしまったりして、ほぼ使えない。

2.  Messageアプリの過去ログが見えない。

3.  Safariを見ていると、グレーアウトして終了してしまう。

4.  設定画面が操作出来ずタップ出来ない。

 

そもそもMessageアプリだけが調子が悪いならまだしも、Messageが調子悪くなるとOSの一部である設定画面までおかしくなるので、どうにも手に負えないのだ。

前日にAppleサポートに予約を入れて、たまたま翌日が会社が休みなので、その日の午前中に予約した。

予約の時間5~6分前に電話がかかってきた。

さすがApple!  以前にiPhoneアプリの事でサポートを予約して、すぐに折り返し連絡という予約にしたら、すぐに携帯に電話がかかってきてビックリした事がある。

 

結局クリーンインストールした

 

サポートと電話をして、結局、バックアップを取って最終的に復元の作業しかないようだった。

iOS9で同期は取ってあったのだが、iOS10でバックアップを取らないと意味がないという事で、バックアップを取った。

バックアップを取っている間は、ずっと電話を繋いだままで、2~30分はそのままだったかな。

一旦切ってしまうと、又別の担当に変わってしまうから節目、節目で担当者をチェンジするようだ。

 

バックアップが完了したら、ちゃんとバックアップファイルがある事を確認した時点で、iPhoneのリカバリーを行う事なり、又、時間を決めて電話がかかって来る事になった。

 

リカバリーをかけようとしたら、iTunesが不安定になってしまい、どうやらWindowsのUpdateが始まってしまい、しばしの中断になってしまった。

そのうちに、折り返しのが電話がかかって来てしまい、訳を話して更に時間をおいて、電話をかけてくれる事になった。

 

この間、2~3回違う人から電話がかかってきた。

オペレータが自分でデーターを参照しているのか、手が空いている人にデーターが飛んで行くのか分からないが、常にチエックをしているようだ。

 

WindowsのUpdateも終わって、iTunesでリカバリーが終わりそうなタイミングで、サポートから電話がかかって来て、終わるまでしばし談笑をして、リカバリ後の初期セットアップを教えてもらった。

 

クリーンな環境で動作を確認しようという事になり、AppleIDを登録せずに、セットアップを行う事になったが、Messageの動作確認を行う為にはネットに接続する必要が出てきてしまった。

WiFiに簡単に接続できますかと言われたが、家のWiFiはパスワードが64桁もあるので簡単に入力出来ない為、以前はモバイルルーターで接続していたが、今回は手元に無い為、iPhone5Sのテザリングで接続することにした。

 

実は自分が持っているiPhoneは2台共SIMフリー端末なので、プロファイルをインストールしないとキャリアにつながらないのだ。

キャリアで契約したiPhoneはプロファイルも必要ない為、リカバリ後もすぐにネットに接続出来るそうだ。

初めて知った。

 

さて、ネットに繋がってからは、Appleサポートの人に言われるがまままにMessageの動作検証を試したが、一応フリーズ等の異常は見られなかった。

新規のMessageなので、コメントは2~3個しかないので、過去ログが見れるかどうかの確認までは出来なかったので、Backupからの復元をして検証してくださいとなった。

復元には2~3時間かかるので、それでも問題が解消されなければ、サポートに電話を下さいとなった。

 

Backupを復元した後の動作はいかに。

 

復元には2時間ちょっとかかったり、無事終了して動作確認をするが、Safariや設定の動作に異常は見られなかったが、Messageアプリの動作自体は、問題は無いのだが、やはり過去ログは相変わらず辿る事が出来ない。

 

Messageを流すと2~3日前までは辿れるのだが、それ以外はせいぜい一日位しか辿れない。

まぁ、過去ログは見れなくても実害はないのだが、前のコメント見て何を書いたていたか確認するのもありだからね。

 

LINEがあるのに、今更Messageと言われそうだが、よくチャットをする相手がLINEは使いたくないというので、Message使っているのだ。

その相手に聞くとやはり、過去ログは辿れないらしい、と言うか、過去ログは見た事がないらしいので気にしていない様子だった。

 

iOS10になってからの仕様なのかバグなのか分からないが、納得がいかない。

ネットで調べてもあまり情報が上がって来ないので、結局Appleサポートに電話した。

 

どうやらAppleでも事象が上がっているらしく、その対処方法を試す事になった。

 

尚、その際に画面共有で指示してもらう事になったのだが、リモートまではいかないが、iPhoneの画面に赤い矢印が現れて、その指示に従ってiPhoneを操作するのだ。

iPhoneでもここまで出来るのは驚いた

 

勿論、オペレータには画面が見えているんだろうね。

指示された通りに行った操作は以下の通り。

 

1)  一旦、iクラウドをログアウトして、再度ログインして過去ログが見えるかどうか。

   結果は同じ。

2) 次にiPhoneの設定のリセットを試す。

これを行うとiPhoneの色々な設定がデフォルトになってしまうので、後から再制定が必要と言われた。

WiFiも初期に戻る為に、色々面倒だが、しょうがない。

 

リセットをして、画面共有をする為にWiFiを設定した。セルラーではなくてWiFiじゃないと画面共有が出来ないとの事だったが、今度はなぜか画面共有が出来ず、言われるがままに操作した。

 

iクラウドを一旦Logoutしてから再loginを試したところ、Messageの過去ログを辿ると、クルクル回りずっと読み込めるようになった。

これで、ひとまずは直ったという事でお終いなのだが、Appleでは承知している事象なので、今後、何かあれば、担当者に直接繋がる連絡先がフォロ-アップメールで送るので、今後、関連の不具合が発生したら、ここに連絡をして欲しいとの事だった。

 

やっとMessageも、まともに使えるようになりiOS10の機能を満喫出来ると思ったのだが、試しにMessageでコメントを送信してみたら、何かがおかしいのだ。

iPhone5sでも同期されるように設定しているのだが、何故か同期されて来ない。

 

相手からの受信も6pには着信せずに5sでしかコンタクト取れなくなっていた。

Messageの設定を見直したらiMessageの設定がAppleIDになっていない事がわかり、設定し直したところ、見事に同期も取れてコンタクトも可能な様になった。

 

iPhoneの設定をリセットした為、色々な設定がデフォルトなってしまった為、アプリを立ち上げる度に、位置情報や通知設定の画面が上がってくるのが鬱陶しいが、iOS10の機能を使えるのは嬉しい。

 

まとめ

 

iOS10を上げる時の注意点として。

 

1)  バージョンアップ前に必ずBackupを取っておく事。

2)  バージョンアップをして、今回の様に動作の不安定になった場合は、更にこのバージョンアップしたiPhoneのBackupを取る事。

3)  それでも、アプリの挙動がおかしい場合はiPhoneの一般設定のリセットから「全ての設定をリセット」を試す。

iPhoneの基本設定やWiFi等がデフォルトに戻るので、焦らないようにする。

 

という事で楽しいiPhone設定を試してください。

 

以上、お終い!

 - パソコン・ガジェット関係