人生初の一人舞台!ピアノ発表会第二回

      2017/02/07

こんにちわ ぜち です。

 

今日は3週間ぶりの、ピアノ教室だったので、ピアノネタを書こう。

前回は、始めての発表会体験を書いたが、今回は、2回目の発表会の事だ。

 

始めての発表会は、ピアノ教室の中だけでの行なう発表会で「お楽しみ会」と言うのだが、何がお楽しみなのか分からないが、お楽しみというよりも試練だからね。

幼稚園とかで、よくお遊戯とか発表する時に、お楽しみ会って言うよね、あれと一緒だと思う。

 

次の発表会は、近くの区民会館のホールを借りてステージで弾くのだ。

ステージに上がるのは、中学のブラスバンド時代以来だ。

 

ブラスバンドの時は、皆んなで演奏するから、多少の緊張はあったと思うが、舞台に上がる高揚感みたいな物はあったかな。

今回弾く曲は、先生とも話しをして「エリーゼの為に」のフルバージョンを弾くという事を決めていたから、お楽しみ会が終わってからすぐに、練習を初め。

 

秋のお楽しみ会から、春の発表会までの約半措間、この間の練習は本当に難しくて大変だった。

最初の部分って右と左を交互に弾くからそんなに難しくはなかったが、中間部分は16音符の連続で両手を同時に弾くラインばかりなのだ。

 

それは、大変だったなぁ。片方づつだったらなんとか弾けるのに、両手で弾くと、全然指が動かないのだ。

 

どうしても、お互いの指が釣られてしまい、別々の音が弾けない。

そもそも人間の脳って左右個別に指を動かす事に慣れていないから、どうしても左右同じ指を動かそうとしてしまうんだよね。

 

右脳と左脳はお互いにつながっているから、どうしても同じ動きになってしまう。これを別々に動かす為には、もう反復練習あるのみで、脳に別々に動かすように覚えこませるしかないんだよね。

 

小さい時から、やっていれば、まだ脳が発達段階だから、比較的速く出来るようになるらしいんだけど、大人のそれも中年以降から始めるとなると、凝り固まって衰えかかっている脳に覚えこませるの至難の業だ。

 

今まで使っていない脳の神経回路を使うから、脳の訓練というか、老化を予防するにはいいかもしれないけどね。

それでも、何十回、何百回と練習するうちに、最初は弾けなかったのが、段々と弾ける様になってくるから、一応成長はしているんだぁという実感は湧いてくるかな。

 

でも、この中間部分は完全に暗譜して憶えたけど、途中つまづいてしまうと、先にいけないんだよねぇ。

鍵盤を見ていないと指が動かせないから、譜面を見て途中から引き直しとかも出来ないしね。

 

指がメロディーのパックとして憶えてしまっているから、途中から弾くという事が出来ないのだ。

だから、いかにツマヅカないで弾くかの練習ばかりやっていたなぁ。

今だにまだつまづくからなぁ。

 

中間部分もそうだけど、後半の盛り上がり部分も、連打がかなりあったり、連続で順番に音を上げていったり下げていったりするスケールという楽調も出てくるから、まぁ大変だった。

一番の盛り上がり部分でもあるしね。

 

中間部分、湖畔部分で各々2ヶ月位かかっと思う。

発表会迄の1ヶ月はとにかく最初からの通しで以下に止まらずに弾くかの練習ばかりしていた。

 

練習日記をつけて、○☓△で評価して如何に止まらないで弾くかの練習もやった。

さて、そんな練習で望んだ発表会当日。

 

緊張感は、前回のお楽しみ会の比ではなかったなぁ。

今回は、友達にビデオを撮ってもらったが、ビデオを意識するとかそんなレベルの緊張感じゃなかった。

 

刻一刻とせまる自分の番、客席で他の生徒さんの演奏を聞いているが、自分よりも上手い人ばかりで余計に委縮してしまって、心臓のドキドキ感は友達にも聴こえるかっていう位大きかった思う。

 

自分の番迄5~6人になったところで、客席から舞台裏行って待つのだが、本当逃げ出したい気分だった。

後二人、後一人、、先生に挨拶の場所とか椅子の直し方の説明を受け、いよいよ、前の人の演奏が終わって人の番。

 

舞台袖から、ピアノがある中央迄歩いて行って、礼をする。

緊張感はMAXに達して、観客席にいる人なんて、全く目に入らない。

 

楽譜を立てといっても暗譜してるので不要なんだが、お守り代わりにあるようなもんだ。

椅子の高さを調整して、座る。

 

初めてのステージでのピアノを見た瞬間、スポットライトの影で鍵盤に影が出来てしまい、いつもの鍵盤の風景と違うのに戸惑った。

最初はどこから弾けばいいんだ??

 

頭の中はグルグル回っているが、とにかく気を取り直して、最初の弾き始めの指を確かめてから、いざスタート!

指は確実に震えているのが分かるが、まぁそれでも、前半部分は弾いて、ネックになる中間部分。

 

指が震えて、一気に弾けず途中で止まってしまった。しまったと思いながらも途中から弾けないので、気を取り直して中間部分を弾き直した。

今度は上手く中間部分を弾ききる事が出来た。

 

そして、後半部分も指が触れながらも盛り上がり部分のスケールもなんとか弾ききったが、最後の部分で指が絡まってしまい、ちょっと誤魔化して強引に最後まで弾いた。

終わった瞬間、取り合えす終わったという安堵感。

 

弾き直しはあったけど、グチャグチャになる事態は避けられてよかった。

ステージから舞台裏に戻ると、先生が満面の笑みで迎えてくれて、良かったですよと言ってもらえたのが嬉しかった。

 

終わった後のなんと清々しかった事。

客席に戻ると、友達もよく頑張ったと褒めてくれた。

 

その後、全て終わってから全員で記念撮影をしてから解散。

そのまま、帰る気にもならず、友達と飲んで帰った。

 

ホント美味しいビールだったなぁ。

次の日に何故か突然ハッと気がついて、ペダルを踏んでいたっけなぁと思った。どう考えても弾くことにばかり神経が集中していたからペダルなんて全く意識をしてなかった事に気づいたんだ。

 

まぁペダルを踏まないと音が響かないから、すぐに分ったと思うけどね。

先生も何も言ってなかっし、友達に聞いても踏んでたよって言ってた。

 

こうして人生初の一人舞台は、少し滞ったけど終わった。お終い。

 - ピアノの事