今年も又、発表会の申し込み案内が来た

   

こんにちわ ぜち です。

 

今年も、来年の区民ホールでのピアノ発表会の案内が来た。

毎年秋の発表会は、ヴァイオリンとのアンサンブルだったんだけど、今年はヴァイオリンの先生から曲が指定される内容だったので、練習期間短い事もあって出なかった。

 

春の発表会は勿論ソロなのだが、今練習している曲が自分にはまだ、レベルが高過ぎたかもしれない。

小さい頃からピアノを習うと一度は、練習するトルコ行進曲だ。

 

アップテンポの軽快なリズムで好きな曲なので、指の練習も兼ねて練習を始めてみたのだが、思ったより難しい。

とにかく指がうまく回らない。気ばっかり焦るのだが、指の動きがどうにもギコチなくて、上手く弾けないのだ。

 

右手は連続したメロディラインだが、左手が和音のスタッカートなので、指がすんなり和音を弾けないのだ。

今まではずっと練習していれば、そのうちになんとか弾けるようになったのに、このトルコ行進曲に限っては、何故かいつまでたっても上達しない気がする。

 

指が固くなっているのかなぁ、こんなアップテンポの曲が弾ける気がしない、って思ったら本当に弾けないんだろうけど、今回ばかりは自信がないなぁ。

 

曲は長いのだが、意外と決まったメロディライン繰り返しが多いので、パターンを覚えてしまえばいいのだが、そのパターンの一つ一つが難しい。

 

歳を取って頭も硬い、指も硬いオジサンには無理なのかぁ。

まだ頭も身体も柔らかい子供じゃないと無理なのかなぁ。

 

先生は、自信をつけさせる為かどうか分からないけど、うまくなってきているとは言うけれど、自分では全く弾けていないのが分かるだけに、つらい。

 

本当に仕上がるかどうか不安だ。

最悪仕上がらなきゃ、前に練習してた曲を弾くしかないかなと思っているのだけど、どうにも発表会へのモチベーションが上がらない。

 

又、あの緊張感と向き合うのかと思うと気が萎えてしまうんだよねぇ。

それが、あるから練習もしてきたんだけど、5年目に入ってちょっとスランプ気味なのかもしれない。

 

という事でちょっと弱気になっている自分でした。

お終い。

 

 - ピアノの事