ドッキングステーションに原因があるか?Surface3のパフォーマンス低下問題!!

      2016/12/25

こんにちわ ぜち です。

 

本日もSurface3のCPUパフォーマンス問題の原因調査。

今週の日曜日にはMicrosoftのリモートサポートを予約しているのだが、どうやったら症状が再現するか色々と試しているんだ。

 

どうも、ドッキングステーションに置くと症状が再現するような感じなんだが、どうしてかわからない。

使っているアプリのせいなのか、ドッキングステーションのせいなのか、あれからずっと実験している為、ブログもままならない。

 

なんとなく、ドッキングステーションで使っていると、段々CPUの速度が遅くなって来て速度が0.46GHzになると、もう使用率は30%止まりで上がらくなるのだ。

どのタイミングで下がるのか、色々検証しているのだが、いまいち特定出来ない。

 

ブログを書く時はSurface3をドッキングステーションに乗せて、AmazonMusicをヘッドフォンで聴きながらEvernoteで書いているんだ。

書き上がったら、windowsliveWriterにコピーして行間を開ける等の編集してwordpressにアップしている。

 

今、こうやって書いている間も、速度0.46GHzで使用率30%以下になってしまって、パフォーマンスが全く上がらない。

今、ドッキングステーションから切り離してみたが、速度は上がらない。

 

今、段々と上がって来て速度0.85GHzまで回復してき来た。

そして、ちゃんと山あり谷ありのグラフに変わってきた。

 

今は、ネットを開くと一瞬2.4GHz迄回復した、ここまで来れば、普通の状態だ。

AmazonMusicを聞いているし、2画面にしてるが、問題はない。

 

これで、もう一度ドッキングステーションに接続してみた。

しばらくは問題がないが、その内に下がるか思ったが今は一向下がる気配無し、一体なにが原因なんだろか。CPU温度を測るアプリも入れてはいるが、そんなに高いとも思えないが、背面はかなり

 

あ~とうとう、症状が再現した、速度が0.46GHzまで落ちてしまった。

元々、速さは求めていないけど、こんなに遅くては使いもにならないなぁ。

 

もう一度ドッキングステーションから切り離して回復させてからブログにアップしよう。

しばらくしたら速度が回復してきたが、まだ完全ではない1GHzを行ったり来たり、何かトリで速度が回復するみたいだが、どのタイミングなのかやはり掴めない。

 

という事で、今日のレポートはお終い!

 - Surface関係