Windows10の無料アップグレードは30日迄だった。

      2017/02/07

こんにちわ ぜち です。

 

前日からの続きで、29日のWindows10の期限は結局、ハワイ時間で29日00時迄だったけど、日本時間では、30日の19時迄だったらしい、道理でアップグレードが出来た訳だ。

 

焦る必要がなかったと言っても、30日は色々用事があって、やってる暇はなかったと思うから、よしとしよう。

 

でも、なんかCS-F9はWindows10に上げてから、なんとなく調子が悪い気がする。

例のSurface3で悩まされたCPU使用率と速度が思った程出ていなくて、スピードがとにかくのろい、、。

 

このパソコンの場合は、CPU使用率が50%で頭打ちになって、速度も1.2GHz以上いかなくなるのだ。

だから、core i5のCPUではあるが、なんとも遅い。上げなければ良かったと後悔する程だ。

 

電源プランが省電力優先になっていたので、パフォーマンス優先にしたら一時はスピードが出るようになったが、又、元に戻ったようだ。

それに、左のパームレストが異様に熱くて、手を置いていられないのだ。

 

一世代後のCF-S10はそんな事はないのだが、原因がよくわからない。

まぁ、相方が、たまにエクセルやる位なので、そんなに拘らないからいいんだけどね。

 

さて、今日は、ピアノのレッスン日だったが、秋の発表会の締め切りは今月末までと言われたのだが、今回から、アンサンブルの選曲はバイオリンの先生と担当講師で選曲されるということだったのだが、今回はパスする事にした。

 

自分の弾けそうな曲かどうかも分からなし、それに2~3ヶ月しか練習期間がないので、ちょっと自分には厳しそうだからと断った。

そもそも、秋の発表会は、バイオリの先生が趣味でやっている節があって、強要されるんだよね。

 

アンサンブルだとピアノは伴奏が多いから、ソロで弾き続けられないし、発表会が終わった途端に弾かなくなるんだよね。

唯一、カノン位かな、その後も弾いているのは。

 

それに、アンサンブルは難しい、本来は楽しいのかもしれないが、自分のピアノを弾く事で精一杯で楽しむ余裕もあったもんじゃない。

よくStyle3のというインストユニットの路上ライブを聴きに行くのだが、バイオリンとコントラバスとピアノを弾いているのを見ると、どうしてあんなに楽しそうに弾けるのか羨ましい限りである。

 

いつかは自分もあんな風に弾けたらいいなぁと思いつつ、人前で引くことさえままならない原状は如何ともし難い。

どこかで、殻を抜け出さないといけないと思っている今日このごろでした、お終い!

 

 - WindowsOS関係